同窓会北海道支部に参加してきました。

昨日、827日、札幌市で八戸工業大学同窓会北海道支部同窓生の集う会に参加しました。
3月開通した新幹線に乗って、札幌へ行ってきました。
週末のせいか、翌日の北海道マラソンのためか、新函館駅は混雑していました。札幌はさらに混雑しており、なかなかホテルもとれないほど。同窓会北海道支部の皆さんの手配で、順調に開会。
会場は札幌駅前のホテルの宴会場。
スタートは、西岡支部長の挨拶。


北海道在住の同窓生を中心に多くの会員が参集していました。
なつかしい杉田先生(土木)、菅原先生(機械)の参加も。


余興にけん玉。
元支部長永田さん(左端)の指導を受けて、真剣?
最後は八戸工業大学の校歌をみんなで歌ってお開き。
再会を楽しみに閉会しました。
これからも同窓会が各地で開催されます。
楽しい時間です。みなさん、お出かけください。
八戸工業大学同窓生の集う会(八戸)101日(土)
関東支部総会(東京) 910日(土)
秋田支部総会(秋田) 1015日(土)
東北支部総会(仙台) 1022日(土)
北海道支部道南部会総会(函館) 1022日(土)
詳しくは、八戸工業大学同窓会のホームページで。
2016年8月28日日曜日

チーノに産学連携プラザが開設されました。

場所は、八戸市中心街の「チーノはちのへ」1階です。

 
 
十三日町側のこの「CINO」を入ると、正面にあります。
 
 
 
青森県三八県民局の協力でできた産業界と大学の出会いの場です。
 

八戸工業大学で行っている研究紹介のパネルが展示されています。
 
 
奥には、40人くらいが集まってセミナーを行える会場があります。
 

企業と大学、企業間などで使われる打ち合わせスペースも用意されています。

 

 
昨日、8月7日に開所セレモニーとして、開所記念セミナーなどが開催されました。
電気電子システム学科の根城安伯教授が「未来を拓く宇宙推進」を、感性デザイン学科の横溝賢准教授が「若者がつくる人と地域のうれしい関係」を講演されました。
 
 
今後も続々とセミナーが行われます。気軽に参加して下さい。

地域の企業のニーズ(持ちたい技術)と、地域の大学が持っているシーズ(種、技術)を融合させ、新しい技術を生み出そうとしています。
 
みなさん、よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
2016年8月8日月曜日

第1回夏のオープンキャンパス

第1回夏のオープンキャンパスが開催されています。
大学進学を考えている高校生、その保護者のみなさんに参考になる体験ができます。実際に見て、聴いて、話して、体験することは、楽しく有意義な時間となると思います。

学科体験ガイダンス。
それぞれの学科の学生たちが、それぞれのブースで学科の教育・研究活動を紹介してくれます。

わからないことがあれば、いつでも、どこでも聞くことができます。
何でも質問してください。
青いTシャツを来ているのは学生です。
学生のスタッフのみなさんが、やさしく丁寧に質問に答えてくれます。


オープニングガイダンスでは、八戸工業大学が詳しく紹介されます。


キャンパスツアー、大学周辺バスツアー、AO入試対策講座、保護者向けガイダンス、保護者向け学科見学、サークル紹介コーナー、パネル展示コーナー、個別相談コーナー、学食体験も。

各地からバスも運行されます。


次回は、8月6日(土)です。
詳しくは本学のホームページ(下記)から、どうぞ。
http://www.hi-tech.ac.jp/
みなさんの来学をお待ちしています。

2016年7月24日日曜日

東北測量設計協会ほかの協力による産学連携教育


今日、78日、一般社団法人東北測量設計協会ほかの協力で、本学土木建築工学科3年生に対する産学連携教育が行われた。八戸周辺の測量設計業4社が、技術者を派遣するとともに、最新の測量機器を持参し、学生を指導してくれた。
 

 
講義室内での説明を受けた後、早速、野外で実習を体験した。
3脚を地面にさして水平に置くのもテクニックがある。


  コンピュータなどのICT機能を取り込んだ測量機器で、新しい測量の世界を学習した。
指導してくれた技術者の中には、本学卒業生もおり先輩後輩の関係での指導風景も見られた。


 

 この産学連携教育は3年目。
本分野の人材不足、技術継承が課題となって、この活動が生まれている。
地域の産学が連携して地域の人材を育成している。

関係各位に感謝申し上げます。
 
「地球を測る世界」に関心がありましたら、土木建築工学科へ。
 
 
2016年7月8日金曜日

合唱部が見事な演奏


73日、日曜日、第42回八戸市民合唱祭が八戸市公会堂で開催され、本学合唱部も初めて参加し、堂々の演奏を行いました。
 
そろいの衣装を着て登場した合唱部。曲目は、「怪獣のバラード」、「tomorrow」、そして「流浪の民」の3曲。性格の異なる楽曲でありながら、それぞれの音楽の特徴を生かした演奏でした。

全部で15団体が出場した合唱祭。部員のみなさんの努力の成果の演奏だったのではないかと推測しています。会場の皆さんから拍手が送られていました。私からも感謝の拍手を送らせてもらいます。また、練習を積んで、いい演奏を聴かせてください。

合唱部の活動を支援していただいている方々、そして指導を担当されている先生方に感謝申し上げます。

 


2016年7月3日日曜日

水辺とくつろぎ


昨日、秋田市に会議で出かけてきました。
昼休み、写真の空間でくつろいできました。
水面が見えて、その上に緑が、緑の中にいくつかの建物が見えます。


少し、下がって写真を撮ると、こんな風です。
さっきの写真は、椅子に座って撮ったものです。
奥行きの深いひさしが視界を限定させ、美しさを増長させているようです。

見えているのは、水面と、その向こうの景色です。
水面がきれいです。風が吹くと、さざ波が演出してくれます。
退屈をさせない美しさの表現です。
 
 
ここは、秋田県立美術館の2階。
秋田駅から歩いて10分。向かいの緑は千秋公園。
近くには、にぎわい交流館AUや、なかいちプラザも。

八戸でも新しい美術館の構想があります。
大学がどんな関わりができるか楽しみです。
 
見学させていただきました。
 

2016年6月22日水曜日

名誉教授称号授与式

6 10日金曜日、学長応接室において、今年 3月をもって大学を退任された藤田成隆前学長の名誉教授称号授与式が行われました。藤田先生は 、1975年に八戸工業大学に赴任され、41年間にわたって、八戸工業大学教員として、精力的に教育・研究活動を行い、社会貢献されました。2010年から、9代目の学長を6年間にわたって務められ、私たちを指導してくださいました。当日は、私から名誉教授称号を記した額をお渡しし、長い間のご指導に対し、感謝申し上げました。
 
 
背景の「正己以格物」は、学校法人八戸工業大学の建学の精神です。


2016年6月13日月曜日

長谷川明 Akira HASEGAWA

八戸工業大学第10代学長。

青森県弘前市出身。教授、工学博士。専門は構造工学、橋梁工学など。

メールでフォロー

人気の投稿

アーカイブ

八戸工業大学. Powered by Blogger.

Copyright © Hachinohe Institute of Technology