2016年10月21日金曜日

10月21日、八戸市庁会議室にて、小林 眞八戸市長(写真中央)、福島 哲男(株)まちづくり八戸代表取締役(写真右)と、八戸市中心市街地のまちづくりに関する覚え書きの調印式を行いました。


 
八戸工業大学は、地域の大学です。その中心となる活動は、地域の人材育成、地域の課題解決を行って、地域貢献することです。

 大学が育てる人材の持つべき力には、専門的知識も大切でありますが、その専門的知識を生かして社会で活躍するためには、チームワーク力、コミュニケーション力、創造性、など、協働で活躍するための力が必要とされています。
 
 この学習課題として、八戸市の中心市街地のまちづくりに関する課題が設定されることは、地域の人材育成からみれば、絶好の学習機会であり、学生の成長と地域の発展が、同時に期待できる点で、すばらしい連携と考えています。

 

 今年度の活動は、土木建築工学科土木工学コース3年学生6名が、授業科目「土木総合デザイン」の中で「花小路整備の調査・計画」を課題として取り組みます。若い学生たちの新しい提案が期待されています。

皆さんのご理解とご協力をお願いします

長谷川明 Akira HASEGAWA

八戸工業大学第10代学長。

青森県弘前市出身。教授、工学博士。専門は構造工学、橋梁工学など。

メールでフォロー

人気の投稿

アーカイブ

八戸工業大学. Powered by Blogger.

Copyright © Hachinohe Institute of Technology